自衛隊中央病院を取り上げた『週刊新潮』4月30日号

『週刊新潮』4月30日号が自衛隊中央病院のクルーズ船治療を高く評価する記事を載せています。記事の冒頭で《世界レベルでの“奇跡”》とまで表現しています。

 左右問わず権威に対して厳しい姿勢で臨むのが『週刊新潮』の持ち味だけに、これだけ手放しで賞賛する記事は極めて珍しいと言っていいでしょう。執筆は新聞協会賞などを受賞したジャーナリスト・石高健次さんです。

 自衛隊中央病院は昨年(2019年)に桜鳩会の研修を受け入れてくださって、お世話になった病院です。それだけに余計にうれしい記事です。まるで自分が褒められたような。

 自衛隊や自衛隊関連病院に対する世間の評価に一喜一憂するのもどうかと思わないではありませんが、つながりがある以上こういうときは素直に喜びたいと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク